海外旅行、休学

とーとーりゃんの記録

興味あることを書き続けると知識がたまって将来役に立つ。そして自分が何かを始めるときに見てくれてた人がいた場合その人たちが協力してくれる。ととある方が言っていました。

ケニア生活3日目

今日は日曜日なので村のみんな教会へ行っていました。ボスはその後数か所近所の家を周っていた。今日は一日で50人くらいの人と会ったけどもう全く覚えられない(笑)朝会って挨拶した人にまた午後にNice to meet youって言っちゃったりw まじで覚えられない、あと一気に人に出会いすぎて名前どころか顔も判断できてない、、、今日認識できたのは大人二人だけであとは誰も思い出せない、、顔と名前覚えるの苦手なんだよなぁぁ、どうすればいいのか。今日午後に関してはずっとボスの子供と別の子供を勘違いしてて違う名前で呼び続けてたw

 

ここの地域はコミュニティ意識がとても強い、インターンとして来たつもりだけどまず家族を紹介してもらってそのあとに村の住人に顔を合わせた。会社の一員として働くんじゃなくて村の住人として村で働くって感じ。

明日はどうなるのかな・・

ウ○コの回数が一日一回で安定してきているよ、日本で食べすぎてたわ。

栄養とれるくらい食べながら制限していこー

トイレに行くリスクを減らすためにウ○コの回数も減らそうダイエット的な

 

 

ケニヤ生活4日目

 

今日はケニアに来て初めての平日、インターンが本格的に始まった。朝から会社が水を販売しているウォーターキオスクに向かい、現地の状態やどのように水の販売が行われているのか、誰が買いに来ているのかを調査した。

この地域ではメインの水道管が一本通っており、ウォーターキオスクはその水道管から枝分かれした水道から水を汲み販売していた。

f:id:ttrsamurai:20170615220034j:plain

イケメンのマサイ族にカメラ渡したら妙にセンス良い写真を撮っていた。後ろにあるのがウォーターキオスク、前を足並みそろえて歩いているのは現地学生。

 

昨日書いたようにこの地域ではコミュニティ意識がとても強く水の販売も家族の一部の人が行っていた。この村には2つのウォーターキオスクがあるがどちらも自分の住む家から徒歩圏内に位置している。

ウォーターキオスクは大きなタンクに水をため、そこに繋がれた水道の蛇口のようなものをひねると水が出るようになっていて、水の購入者はタンクを持っていき水を溜めるようになっていた。

今日は主に一か所のウォーターキオスクで調査を行い、水を購入しに来る現地の人々の水運びを手伝わせてもらったが、水運びは未だに女性の労働となっており、水道が設備されていない家庭(ほとんどだが)で行われていた。

水の購入者は一度に20リッターから30リッターの水を運んでいた。20~30リットルもの水を数百メートル運ぶことはやはり労苦を要する仕事である。

しかしウォーターキオスクができる前はさらに遠くまで水を汲みにいかなければならず今はだいぶ楽になったという。

 

今日は2か所のウォーターキオスクを訪ねたが未だにウォーターキオスクが近くにない地域では衛生的でない地下水の水を汲んでいるという。明日はこの地域に行き調査を行いたいと思う。

 

個人的な話

ウォーターキオスクの近くでは出店のような形で食べ物を販売している人たちがいてお客さんが少ない日中はずっと喋ってた。結構仲良くなって今週末はみんなでBBQもどきをして夜は飲みに行く予定もできた~↑この地域はルオ族と呼ばれる人たちが住んでいて公用語の英語とスワヒリ語に加えてルオ語も飛び交ってた。ルオ語の下ネタもたくさん教えてもらったww下ネタこそ公用語だと思う、自分クズみたいにクソ野郎なので。でも英語の下ネタフレーズは自分のほうが知ってたwwフィリピンで覚えまくったからw話すのは上手くないのにね。

 

午後は町に行って日用品を買ったりしてたら今いるCyber Cafeを見つけてそこにいた

f:id:ttrsamurai:20170613210924j:plain

まあまあ町だけど特に何も見るとこもないしショッピングセンターみたい時間もつぶせるとこもない

 

wifiが遅いから写真は後で追加します

 

ケニヤ生活2日目

 

7時前に目が覚めた。

昨夜トイレの場所を聞き忘れて朝家の横に済ませた一昨日から移動ばかりで食べ物あんまり口にしていないせいかウンコが出なくて良かった。(笑)

そのまままた家の反対の側面でコップに入れた水で顔を洗い、歯を磨いた。

顔を洗って外を見たら周りはほぼ自然。(笑)

しかもかっこいい海風感じちゃうような自然じゃなくて木々系の自然。(笑)

 

昨日食べ忘れたフルーツとクッキーを朝ごはんにして朝日を浴びながら家の前で食べた~~。

時間が経つにつれて回りが見えてきて、気づいたらニワトリがひなを連れてちょこちょこ歩いてる。そしたら2匹の子豚も餌を探しながら歩いてる、奥の方にはウシが飼育されてて周りにイヌの親子がごろごろしていた。ある意味メルヘンかって笑 少し歩いたら猫とヒツジもいた。笑

でも求めてたアフリカに来たぞって感覚にはならないんだよなぁ、、謎すぎる。

だんだん気温が上がってきて近所の人も起きてきて挨拶も結構したんだけど言われてたよりフレンドリーじゃないんだよなぁwwでも子どもたちが一番最初に仲良くなっていろいろ教えてもらった笑 子どもと遊んでるとインド思い出した

 

上司が朝帰ってくるとか言ってたのに結局午後1時過ぎに帰ってきた、しかも3時までお葬式行くからって言われてさっきまで昼寝してたんだけど全く帰ってくる様子がない。やはり時間にルーズすぎる笑 これかアフリカンタイムか、フィリピン人の女の子と全く同じじゃねーかっっww

 

フィリピン戻りたーい。

そういえばケニヤに行く時もフィリピンの友達も何人も連絡くれて応援のメッセージくれた。

人生楽しい事ばっかじゃないって自分で挫折しに来たんだもん、

英語でGOOD LUCKって言われたありがとうって思うけど、日本語で頑張れって言われたら何を頑張るのかって思っちゃうんだよね、、自分でもわかってないから。笑

でも見送ってくれた友達とメッセージくれた友達には感謝感謝

 

何をするのかをまず早く調査して目標決めてはっきりさせないと!!!長い4カ月があっという間の4カ月だったって言えるように!自分に言い聞かせるwwwBePositive!!

 


2日目の夜になった。夜は上司の家にお邪魔してご飯食べさせてもらった!ウガリって知ってます?メイズを粉末状にしてお湯と混ぜてこねたケニアの主食。ケニアんフレンドがsweetsweetって言っててどんなもんかって思ったけど味全くしなかったー笑 
食感はパウンドケーキみたいな感じ?パウンドケーキってよくわかんないけど蒸しパンの密度の濃いバージョンって言えば良いのかな

f:id:ttrsamurai:20170613210836j:plain

結局今日は4時半まで昼寝してそっからフラフラ家の近くをケニアんフレンズと散歩しながら電波いいとこでニュース読んだりしてたら6時くらいになった。今住んでるとこのコミュニティにバイク乗りの人がいて彼がボスのとこに連れてってあげるって言うからバイク乗ってバーに行ったんだけど結局そこでもビットコインチェックしながらコーラ飲んだだけっていう笑

あと政府関係って言ったらあれだけど、この地域のセキュリティの仕事してる人紹介してもらった。そっから戻ってきて夕飯食べた。

2日目の夜で丸一日経って少し気分が明るくなった。夕方は大人と話せて色々ケニアの話も聞いたし、シャワー浴びてベットに横になるまでのルーティーンも出来てきたし。ルーティーンで大事かもしれない、てか要領

次にやること常に考えながらやんないと全てダメになっちゃう笑 性格の問題か笑

ここら辺住んでる家庭には冷蔵庫がないらしい、維持費がバカ高いらしい。だから買いだめもできないから毎日買い出しに行かなきゃなんない。

 

ケニアに来る前の想像と違ったこと


来る前はケニアはサハラ以南のアフリカで2.3位を争うくらい発展してきてるって聞いてたから割と成長してるのかなって思ってた。周りの人は貧困とか治安が悪いとかマサイ族とかのイメージしかないんだろうけど実はそんな事ないだろって、でもここら辺の地域でも一人一日数ドルで生活してて、周りには何もない。笑


レストランも全然なさそうだし、小さな売店が何軒かあるだけ、多分後はマーケットで野菜とか魚を売ってる通りがあるだけなのかな?

多分、まだ色々行ってないから推測だけど。でも途上国って言われてるインド、先進国とは言われてないタイ、フィリピンに比べると本当に何もない。

インドとかは人口増加で市場規模も大きくて爆発的な成長に伴って汚染とかの公害問題、貧困問題があるんだならって感じだけど、ケニアの場合、この地域に限るけど、自然に人が住み着いたって感じがする、大きな住宅地と工業地帯があるわけじゃなくて何世帯の家庭が一定の広さの土地でヤギとかヒツジとかニワトリを買いながら暮らしてる。

水道も通ってないから水運びっていう労働もある。ましてはテクノロジーの恩恵を受ける人なんて都市の一部に限られてるしね、(まぁmpesaはあるけど)
つまり言いたいことはこの地域は発展途上とは必ずしも言えないのかなって、国自体はGDPも上がってて数値的には成長してるけど、この辺に住んでる人の生活レベルは上がってないと思う。基本的なインフラも整備されてないから何から手をつけるのかもわかんない、水道はある家庭はある、でも家に繋がってるわけじゃなくて土地の中に水がくめる場所があるだけ、だからシャワーもないし部屋で水道で手を洗ったら歯を磨いたりは出来ない。部屋にあるのは電気と生活用具だけ。電子レンジとか冷蔵庫とか、トイレも付いてない。

でもスマホ持ってる人は多いんだよな〜〜〜

 

ケニアに来た

 羽田を深夜12時に飛び立って12時間が経ちようやくドーハに到着。

 

 

f:id:ttrsamurai:20170613205653j:plain

f:id:ttrsamurai:20170613205658j:plain

f:id:ttrsamurai:20170613205706j:plain

謎の巨大なぬいぐるみ、電気スタンドが頭に刺さってる(笑)わけわからん(笑)

 

見送ってくれた友達に感謝感激しながらまた乗り換えて5時間後ナイロビに着いた~。

f:id:ttrsamurai:20170613203318j:plain

思ったよりキレイ。

ナイロビからまた数時間後にキスムと言うところへ飛行機で向かった。その前に現地の上司にナイロビで会ってきた~~。

 

ナイロビは歩くだけでも相当危険と言われててビビったけど空港近くはとても静かで安全そうだった。 ただタクシーのおっちゃんがしつこくてちょっとビビったけど(笑)

上司に連絡するために先に現地のSIMカードも買った。ケニアではsafaricomと言うめちゃくちゃ大手の携帯会社があってM-pesaという銀行に口座がなくても送金できるシステムがある、便利。でも空港ではtelcomと言う会社しかなくてそこのSIMを買った。10ギガと500シリング分課金して合計2600シリングくらいかな、日本円にするといくらだろう(笑)

 

レートを未だに把握していない(笑

 

ナイロビは思ったよりも本当涼しくて夕方は普通に寒かった(笑)気温は最高だったね。

 

f:id:ttrsamurai:20170613203457j:plain

ナイロビからキスムに行く飛行機はプライベートジェットくらいの大きさでそこに40人くらいがぎゅうぎゅうに詰め込まれててきつかった~しかも暑いし汗かくし。

f:id:ttrsamurai:20170613210254j:plain

 

 

 

キスムについたら上司の兄弟と上司の友達が迎えに来てくれるという謎の展開。彼らと町に夕飯を買いに行ってお子からこれから宿泊する家に向かった。

 

スーパーに行ったのに品ぞろえも良くなくて買ったのはクッキーとリンゴとオレンジとスイカと言う女子みたいなもの。

 

宿がビビった。想像してたのはトタン屋根と土でできた壁の家の一室だったんだけど、いざ紹介されたのは思ったより家っぽい家。でも家にあるのはベッドと電気のと椅子と小さいテーブルのみ(笑)。

 

ただ一番驚いたのは自分が 俺これ無理かもしんないって感じたこと。笑 

どこでも生きてけると思ってたのに来た初日で残りの生活が不安になった。笑

本当に予想外~でも初日は疲れすぎてたので10時半ごろに熟睡した。いつもどこかしら海外に行ったら到着してからその国に来た実感が沸いたんだけど何も感じていない。

 

f:id:ttrsamurai:20170613205022j:plain

近所のバイク乗り達

 

ここは本当にアフリカなのかい。

奨学金と言う借金を抱える...資産運用

 

私は日本学生支援機構から毎月8万円の貸与を受けて大学に通っています。これは大学4年間の総合に学費に匹敵額で安易に大学入学前に奨学金の申請をしてしまったーと思っています。と言っても大学に通うためにはそうするしかなかったけれど。

 

最近はニュースでも奨学金を返済できない人々が特集されています。この問題に陥る前に現在奨学金を借りている学生は在学中に何をすればよいのか、個人的にわからないことも多いので少し見ていきます。

 

現状 ネットでも多くの奨学金の返済できないケースがまとめられ記事になっています。

 

近年奨学金の返済の滞納する人々が増えつ破綻するケースも急増している

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3815/1.html

クローズアップ現代

奨学金現在の奨学金制度

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/241873.html

 

 

日本学生支援機構の貸与型奨学金の返済制度

 奨学金の貸与が終了した後は金融機関の貯蓄口座からの自動引き落としされるためリレー口座と言う返済専用の口座に強制的に加入しなければならない。

 

返済方法

 返済方法は2つあります。

⑴月賦返還

返還回数に応じて毎月引き落とし

⑵月賦半年賦併用返還

毎月引き落とし分に加えてもう6か月に2回(1月と7月)の引き落としがある。

 

3月卒業後には、、

月賦の人は翌年度10月27日に引き落としが始まる。

月賦半年賦併用の人は同様に翌年度の月賦10月27日に始まる。   

半年賦分はその次の年の1月27日と7月27日に引き落とされる。

 

 

繰り上げ返還

返還期日の来ていない割賦金を繰り上げで返済できます。スカラネットパーソナルから申し込み可能、返還期日が短縮できます。また短縮した期間分の利息は付かないのでまとめて返済しましょう。

 

できるならこの制度を活用したいですね。

 

私の奨学生情報

 

貸与期間約42カ月

月額80,000円

貸与総額3,360,000円

利率固定方式

  将来市場金利が上昇した場合も返還利率は変動しない。

  将来市場金利が下降した場合も変動利率は変動しない。

利率見直し方式

将来市場金利が上昇した場合貸与終了時の利率より高い利率が適用される。

将来市場金利が下降した場合は貸与終了時の利率より低い利率が適用される。

在学中の返済は無利息

大利率は年3%

 機関保証月額4,320

 

返還期間と回数

所得連動型返済方式

毎年の所得により返済額が変更されるため、回数は定まっていない。

 定額返済方式

貸与総額と割賦方式により異なる。

 

月賦返還を利用した場合の返還回数

貸与総額÷割賦金の基礎額=完済年数

完済年数×12=返還回数

借金額250万~340万の場合割賦金の基礎額は以下の表より170000円となる。

例)3,360,000円÷170,000円=19年(完済年数)

   19×12=237(返済回数)

 

月賦半年賦併用返還を利用した場合の返還回数

月賦返還は上記と同じ。

完済年数  × 2 = 半年賦分の返済回数

例)19(完済年数) × 2 = 38(半年賦分の返済回数)

 

 【奨学金返還年数算出表】

与総額(借用金額)

割賦金の基礎額

貸与総額(借用金額)

割賦金の基礎額

200,000円以下

30,000円

1,300,001円~1,500,000円

110,000円

200,001円~ 400,000円

40,000円

1,500,001円~1,700,000円

120,000円

400,001円~ 500,000円

50,000円

1,700,001円~1,900,000円

130,000円

500,001円~ 600,000円

60,000円

1,900,001円~2,100,000円

140,000円

600,001円~ 700,000円

70,000円

2,100,001円~2,300,000円

150,000円

700,001円~ 900,000円

80,000円

2,300,001円~2,500,000円

160,000円

900,001円~1,100,000円

90,000円

2,500,001円~3,400,000円

170,000円

1,100,001円~1,300,000円

100,000円

3,400,001円以上

総額の20分の1

日本学生支援機構より)

 http://www.jasso.go.jp/shogakukin/seido/henkan/kikan.html

 

プランニング

 現在の日本では一般の預金口座にお金を預けても低金利なので資産が全然増えない。

またリーマンブラザーズが破綻するような時代ではもはや大企業も安泰とは言えないです。リスクとリターンが見合わないので銀行に資産を預金しないで別で運用したほうがいいのかな。と思ったのですがZUU onlineのFPプランナーの記事によると「資産運用よりも負債返済のほうが先」だそうです。資産運用して増やしてから繰り上げ返済しようというよりある資産で繰り上げ返済したほうがメリットは大きいそうだ。

https://zuuonline.com/archives/107812?utm_source=articleunder&utm_medium=normal&utm_campaign=kanren

 

 

資産運用

学生でもできる少額投資

 

近年の日本は内需で頭を悩ませており個人消費や投資が少なく景気が悪い状況と言えました。国内の景気を回復させるためには家計に眠っているお金を回す必要があります。第一生命経済研究所によると現在の日本の一般家計が保有するタンス預金は43兆円だと言います。(日経新聞2017/4/2)この巨額の資産が消費、投資などで世の中に回れば企業や家庭が使える予算も増えデフレ脱却に繋がるでしょう。そして政府は消費者に積極的に資金運用を促す政策の一環で少額投資非課税制度NISAを始めました。

 

少額投資非課税制度NISA(ニーサ)とは

NISAは2014年に始まった株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度です。2016年には毎年120万円までと非課税投資枠が設定されており投資金額120万円分までの株式投資投資信託にかかる値上がりや配当金が非課税になります。

2014年から2023までの10年間毎年120万円分の非課税枠が追加される。

 

<NISAの早見表>

非課税対象

株や投資信託の値上がり益や配当金(分配金)

非課税投資枠

毎年120万円まで(翌年への繰り越しはできません)

期間

5年間(売却しても非課税枠の再利用はできません)

投資総額

最大600万円まで

制度継続期間

2014年から2023年までの10年間
(毎年120万円ずつ非課税枠の設定ができる)

NISA口座以外の税率は20,315%かかるそうです。

 

NISA利用の成功例

120万円分A社の株を5年保有し株価が5年後3倍になった場合360万円となり24万利益を得る。本来NISA以外の口座であれば240万円の20%分の48万引かれるところが税金は0円となります。

 

初心者でも気軽にできる少額投資

代表的な例

⑴投信積み立て

投信積み立ては毎月一定額を購入する方法。大手証券会社銀行では月1万ほどで積み立て可能だと言います。SBI証券などは500円から可能。長期にわたって一定額の金融商品を買う方法はドルコスト平均法と言うそうです。安い時に買う量が増え高い時に買う量が減るそうです。

 

⑵株式累積投資(るいとう)

株式累積投資は株式に小額から投資できる仕組みです。特定の銘柄を毎月一定額ずつ買い増やしていく。通常の株取引では売買に必要な株式数が決まっているがr株式累積投資は株式数に満たない株数でも購入できるらしいです。購入額は1万円からで証券会社が株を買い付ける日を決めているそうです。

 

 (3)株式ミニ投資(ミニ株

株式ミニ投資は売買のタイミングを自分で決めて単元株の10分の1で売買できます。⑴投信積み立てと⑵のるいとうを利用して得た株式は名義口座のある証券会社のものになります。るいとうは配当を積み立て資金に充てるがミニ株は持ち株数に応じて配当を受け取れます。両制度とも購入した株が単元株数に達すると投資家の名義となり通常の取引に移管されそうです。

  

(4)単元未満株取引

ミニ株は単元株の10分の1で取引可能でしたが単元未満取引は1株単位で売買できます。この場合株式の名義は証券会社ではなく投資家になるので株主優待を受け取れる可能性もあるそうです。

 

大学を卒業したら年金や税などお金に関する問題が多くなっていくと思います。

そのためにも在学中に幅広い知識をつけて将来その問題に対応したり知識を生かしてお金に関する苦労を無くしたいものです。

 

引用

www.nikkei.com

フィリピンセブ島での生活|ホテル周辺散策してから日本語サイトにはないおすすめ観光スポット『ナウパ山』に上ってみた。ナンパじゃないよ

一か月セブ島に語学留学しに来たのですが学校が始まる前にたまたま行ったおすすめ観光スポットを紹介します!!その名も『Mt Naupa』(マウントナウパ)

 

 

学校が始まる前日まるまる1日空いていたのでどこかに行こう!!!!と思い立って朝9時半にホテルを出ました。

 

 

でも最初はホテル周辺をぶらぶらーっとして近くに

ローカルな通りがあったので行ってみた。

 

f:id:ttrsamurai:20170526215345j:plain

 

日曜だったこともあって人だらけだった

でもこの写真全然人写ってないやないかいって感じだけどね

最初やっぱ警戒してたから携帯あんまり出さなかったの、、

 

こんな通りにネットスペースみたいなとこがあった

f:id:ttrsamurai:20170526215334j:plain

子どもたてぃがゲームとがfacebookとかやっててびっくりした!!!!スマホとか持ってなくても日本の子供よりSNSに触れていると思う!

 

大人子ども関係なくフィリピン人ってみんなフレンドリーだった(笑)

 

f:id:ttrsamurai:20170526215356j:plain

可愛いいい~~~(´▽`)

可愛すぎてお菓子買って配ったよ、好感度欲しさに(笑)

こんなことするなんて俺も老いたわ~(笑)

 

外国人にすごい興味津々でいろいろ質問されたりしたよ、Facebookも交換した(笑)

 

この後も何回か昼ごはん食べに来たりしたんだけどFacebookのアカウントが広まってて知らない子に名前呼ばれたりしたマジびっくりした(笑)SNSってスゲー広まるの早い(笑)

 

この通りを後にした後まだかなり時間があったからどっか行きたいって思って調べたら

たまたまMt naupaってのを英語サイトで見つたので行ってみました。

 

まずはタクシーでSouth Bus Terminalに行きます

f:id:ttrsamurai:20170526221524j:plain

 

バスが所せましに並んでた気がします

 

f:id:ttrsamurai:20170526221431j:plain

こんなところです。撮り忘れたからネットから、、

 

場所はここです!

 

 ここからNagaという地名の場所へ向かいます!!

 

naga!!naga!! って言ってれば親切なおっさんたちがどのバスに乗ればよいか教えてくれます。

f:id:ttrsamurai:20170525235627j:plain

 

バスの中、、狭いし満員だしクーラーないし最悪だったww

 

でもまあ1時間立たないうちにnagaにつきました!

と思ったんですが降りたら何もない....

 

近く歩いてたおっちゃんに聞いたらNagaはまださきだと、、、、

やっちまった(笑)

どうすればいいか聞いたらこれに乗れと言われて指さした先を見たら、、、、

 

 

f:id:ttrsamurai:20170525235643j:plain

 

いやなんだこれ(笑)

普通に笑うでしょこんなの(笑)バスの何百倍遅いんだよって話

これ乗っても日が暮れるわーーってなえながらも一応乗ってみた(笑)

 

そしたら思ったより近かったらしくすぐ着きました(笑)

 

おっちゃんに疑ってごめんと謝りたい

 

f:id:ttrsamurai:20170526224312j:plain

ほらこの写真の左上のとこにちゃんとNagaってかいてある。

 

こっからはCogonってとこに向かいます

英語のサイトにはモーターバイクで行くって書いてあったんだけど、

このなぞの自転車タクシーの人が相乗りバスの人に聞いてくれてなんかそのバスに乗ってCogonに向かった。

 

cogonは結構山奥にあるみたいだった

 

f:id:ttrsamurai:20170526010656j:plain

 

子どもだらけ

外国人に興味津々だった。

 

バスに乗ってたらここだって途中のバイクタクシーがたまってるとこで降ろされてそこにいたおっちゃんにNaupaに行きたいって話しかけます!

そしたら連れてってくれる。あくまでも知ってる気で強気で行きましょう。俺はなうぱにいきたいっ!!って感じがいいと思います。

 

f:id:ttrsamurai:20170525235656j:plain

 

バイク快適だった~~

 

こんなとこ普通バイクでいかないだろって感じの狭いとことか泥だらけの道すすんだけどねwww

ミラーもメーターもぶっこわれてたwww

 

向かうとこはここです!!

 

f:id:ttrsamurai:20170525235708j:plain

 

この教会みたいなのが目印です!!

ここが入り口みたいになってます

 

英語の記事にはここいけば子どもがいてツアーガイドやってくれるって書いてあってほんとかよーとか思ってたんだけど

いた(笑)(笑) 

左のへそ出してることその奥の赤い子が連れてってくれた。

宜しくね――今何歳なのー?とか聞いてもあんまり元気じゃなかった、おそらく思春期だね。

 

ここからやっと山登り

 

f:id:ttrsamurai:20170526230533j:plain

 

教会の横っちょが入り口みたいでここを上った

結構険しい

 

f:id:ttrsamurai:20170526230601j:plain

 

途中マンゴーなってって(多分マンゴー農家かな)

マンゴー食べたーいって言ってたらガイドの片方がくれた(笑)どーやってて食べんの?って聞いたらそのままって(笑)甘いの想像してたからチョーすっぱかった(笑)

レモンに似てたけどおいしかったです

f:id:ttrsamurai:20170526230616j:plain

 

どんどん険しくなる

ガイドの子20のじじいに気をつかってくれてゆっくり行ってくれた

優しいね涙

f:id:ttrsamurai:20170526230546j:plain

余裕そう

上ってる途中で中継所みたいなとこに到着!!!

ここで通行料払います

50ペソくらいだった、120円くらいかな日本円で

 

休憩していけ―って言われて安みました。

f:id:ttrsamurai:20170525235735j:plain

 

f:id:ttrsamurai:20170526230519j:plain

結構人がいた。

どっから来たんだ―っとかいろいろ聞かれた

 

そしてらここの父親らしきおっちゃんがin pay in payって言ってきてこれ渡された(笑)

f:id:ttrsamurai:20170525235748j:plain

これ、ラム酒(笑)

麦茶がよかっ、、、(笑)

これ一気飲みさせられた。

チェイサーのココナッツジュースは美味しかったんだけど運動中に酒はきついねーーw

 

なんか人気づいたらが人が増えてた

現地の観光客に写真お願いされて撮らせていただいた

f:id:ttrsamurai:20170526232729j:plain

 

ここで飲まされてまた頂上に向かった、きつかった普通にくらくらしてたからね?

 

f:id:ttrsamurai:20170525235801j:plain

 

頂上着いたーー!!

 

気持ちイイ!最高

 

海からの風が汗を乾かしてくれんだよね~~

 

f:id:ttrsamurai:20170525235813j:plain

 

この左のもっこりが『Mt Naupa』らしい

 

ひと段落下から下山しよー思って降りたらさっきの

中間ポイントでまた止められた(笑)

f:id:ttrsamurai:20170526234737j:plain

この人たちなにしてんのかな(笑)

 

まあ結果また飲んだんだけどそこで2個くらい年下らしき子たちが登りに来てて仲良くなって今度はココナッツ直で飲まされた(笑)

f:id:ttrsamurai:20170526232456j:plain

これもきつかった(笑)

 

そんでもってその子たちに一緒にもう一回登ろうって誘われた。(笑)ノリが命だから行ったよね(笑)

f:id:ttrsamurai:20170526232147j:plain

f:id:ttrsamurai:20170526232155j:plain

 

頂上で子供がたくさん遊んでて戯れてた

 

f:id:ttrsamurai:20170526235106j:plain

f:id:ttrsamurai:20170526235315j:plain

いい感じの戯れ感

 

f:id:ttrsamurai:20170526235118j:plain

 

夕日をがきれいらしくそれを待っていたらしい

 

f:id:ttrsamurai:20170526235055j:plain

 

カメラマンをやらされる

 

 

以上 Mt Naupa (ナウパ)について!!!景色もきれいだし普通にアウトドアを楽しむにも向いてます、写真撮るのがうまい人はこれよりモー――と綺麗な写真も撮れますよ。

 

後最後のガイドの子にチップ必ずあげましょう!!いくらくらいがいいって聞いても大人と違ってUp to youって言われました。全然がつがつしてないです、ちゃんと山下るときもガイドに頼めば誘導れました。

ありがとう~^^

chasingpotatoes.com

英語リング貼っときます

カメラほしい

フィリピンセブ島の語学留学『AHGS English Academy』 で一か月留学した体験と評判

フィリピン留学を考えた人はガチ留学、0円留学というワードを聞いたことがありますかね??

 

AHGS English Academy はそんな2種の異なる留学を提供する語学学校です。

 

一か月ここAHGS English Academy に通って自分が思ったことと感想を書きます。

[目次]

1)AHGS English Academy とは

2)ガチ留学

3)授業について

4)学校ついて

5)勉強環境

6)生活環境

 

1)AHGS English Academyとは

AHGS English Academyは日本資本であり生徒も100%日本人です。(多分)

f:id:ttrsamurai:20170526000556j:plain

 

学校の提供するメインの留学プランはガチ留学と0円留学の2種類です。

 

0円は学費と宿代が無料だったかな??公式サイト参考したほうが早いです(笑)

xn--0-k47a861ag50a.com

 

私は後から知ったのですが普通に留学していたつもりなのにガチ留学ということになっていた。(笑)

 なので私が体験したガチ留学について先に書くことにします。

授業数と値段が違うだけで基本ガチも0円も変わらないと思います、まあ0円は働かなきゃいけないんですけどね。

 

2)ガチ留学

週5日1日8時間マンツーマンの授業を受けるというもので

Grammer(文法)

Lintening and speaking(会話)

Reading(読み)

Writing(下記)

から成る基礎科目4時間

プラス

ビジネス英会話TOEIC対策コース

発音矯正

ボキャブラリー

総合英語スキル

実践英語

から選択する選択科目4時間

 

から構成されいて朝9時から夕方18時までのクラスだった。

 

私は大学受験でグラマーとリーディングをある程度終わらせていたので基礎科目2時間、選択科目6時間にしようとしたんけど、、

申し込み用紙に”日本語を教えるクラス”

ってのがあって2時間それを選択すれば授業料が安くなると書いてあったのでそちらにした!

 

授業は、、、

完全マンツーマンの授業は先生と対面で50分授業を行いました。

 

簡潔に言うと授業はものすごくよかった!!

f:id:ttrsamurai:20170525235530j:plain

(これ教室です)

 

フィリピン人の英語にもなまりがあるらしいけど、先生たちはトレーニングも受けていてアメリカの語学留学に行く必要なんてないんじゃない?って思ったぐらいです。

なんだかんだ言って1か月セブで生活した中で授業が一番充実してたかなーっ!!!(笑)

と今になって思う。(笑)

 

個人的にどの先生とも仲良くなって授業に関係ない話しで1時間終わったりもしたけど、会話って流れから生まれるものだし

テキストとか型にはめた授業を受けてても退屈に感じるから柔軟性のある先生たちでよかったと思います。

例えばビジネスの授業の時に1ワードをピックアップしてそれについてどう思うとか話せば自然に新しい単語も教わりながら頭を使えるから

結構ためになった。

 

 

f:id:ttrsamurai:20170526010708j:plain

(通学路)

 

フィリピン人はフレンドリーな人が多くてすぐ仲良くなれました、人見知りの人にもいいかも知れないです(笑)

ただね、

テキストのレベルは初歩的なものばっかだった。留学生のレベルは様々なのにテキスト数が少ない。

 

長期で留学する人や英語が比較的できる人は物足りなく感じると思う、、、

飽きる、多分多少英語ができるようになったら飽きる、、

 

 

3)学校のシステム

学校のマネジメントは優しく言ってあんまりよくなかったかな(笑)これは自分で感じたこともそうだし日本人の友達も感じてたかな(笑)


毎週セブに来る入学生は基本的に日曜日セブに到着して月曜日にオリエンテーションがありました。
大体の人は空港にインターンが迎えに行るからバスでピックアップしてもらってホテルに向かってた(オプションだけどね)

自分はお金かかるのや嫌で土曜日に来て自分でタクシー拾ったんですけども、、、

ピックアップを選択した友達は翌日のオリエンテーションに何を持っていくかも何も伝えられなかったしい。そしてそのままオリエンテーションに参加したらその日に授業料やらいろいろお金を持ってこなくちゃいけなかったらしく愛想の悪い幹部に怒られてたって、、、いきなりむちゃくちゃだよ(笑)、、、、


普通先に言うべきですよねー、


口頭だけじゃなくて事前にメールとかで書類くらい送れると思うんですよねー。

 

今思い出したんだけど、日本にいるとき入学を申し込んだんだけど確認のメールだって2回返信しないとこなかった。唯一一度で返信が来たのは料金の請求書だけでした(笑)(笑)
ほんと行くまでは後悔してましたよ(笑)こんな学校信用できるかーーって(笑)
(実際入学後も先に入学していたルームメイトがひどいって言ってましたしw)


授業を受けるにあたっては問題なかったんですがお金の話とか契約変更の話になると日本人のスタッフさんと話さないといけないですよね、そういうのみーんなたらいまわしにされるんですよ(笑)


でもスタッフさんすごい良い人もいました!!

言いたいのはスタッフさんたちが悪いんじゃなくてマネジメントの問題だと思うですよ。

 

まあ普通に愛想悪くて臭くて生徒からも先生からも嫌われてる人もいましたけどww


先生たちも不満持ってる人が多いらしく実際自分がいた1カ月だけでも何人かの先生が辞めて言ったし、ある先生がこの人とこの人とこの人もやめる予定だよwwみたいなこと教えてくれたww

しかしまだそこまで大きくないし若い会社なようですね。
それくらい会社の評判とか維持って難しいんですかね。

 

 

4)勉強の環境

 

勉強する環境は人それぞれですね、

AHGS English Academyは海外生活を楽しみに来た人が多いですよ、まあそれは0円留学が理由だと思います。

少し0円留学について説明しようと思うんですけど

大体時間数でいうと

週5日間 1日4時間 仕事して平日は合計で20時間のクラスがあるのかな?

つまり週5で仕事4時間、授業4時間です。これは配属される会社によって出勤日とか出勤時間が違うから土日休めないシフト組まれてる人もいました(笑)

これも0円留学の人は事前に日本で聞かされているんでしょうか(笑)

 

全く知らなかったんですが生徒のほとんどは0円留学でしたよ

だから1日中授業受ける人は結構少ないです。0円だど費用が少なくて済む分長期滞在できますもんね。

でも持論ですけどてか当たり前ですけど、どっぷり英語勉強しに来た人は1日4時間じゃ足りないと思います。AHGS English Academyは生徒もみんな日本人だし共同部屋だとルームメイトもいるし、正直留学してるのに、英語だけの環境にするには難しいです。

 

ちなみに自分は仲良い友達3人しかできなかった。(笑)(笑)

でも十分だったもん!!!!日本人同士の飲み会とは全然行かなかったけど現地の子とたくさん遊んだもん!!www

 

そのために英語やってるんだもんww

 

 

5)生活環境

生活に不便は感じなかったです。

近くにおっきなモールはあるし日本食が恋しくなったら日本食レストラン行けばいいし、必要なもんはなんでもそろうよ

 

f:id:ttrsamurai:20170525235602j:plain

 

ここが学校近くのAyalaモール。

何回行ったかわかんないね、もう。ここでデートもしたなぁ(笑)

綺麗で広くていいですよ、ここで入学後に両替もしましたね

 

f:id:ttrsamurai:20170525235550j:plain

 

ここは学校の近くの地元民エリアです。

お昼ごはん良くここで食べました。普通に美味しいです。

美味しいのはめっちゃ美味しいです!!!しかもいっぱい食べても50ペソ(120円くらい?)とかです。

 

f:id:ttrsamurai:20170526004703j:plain

 

これはライスとフライドチキンとビーフンとか

これで60ペソとかだっけな?日本円でも150円はいかないくらい安い

 

f:id:ttrsamurai:20170526004725j:plain

このスープ超美味かった!!!ライス合わせて40ペソ!!!

 

 

 

宿泊ホテル

 

ホテルはサロッサホテルていうところで現地ではお金持ちの人が泊まるとこみたい

日本人からの評価はそんなに良くないらしいけど(笑)自分は普通に過ごせました。

でも部屋の掃除が2,3日かに1回とかだからすぐ汚くなる(笑)

 

共同部屋だし男だしみんな掃除もあんまりしないよ

ちっさいゴキちゃんとか普通に出るよww

 

人見知りだから最初緊張したけど実際全員が部屋にいることも少ないし気が楽でした。

シャワーとかキッチンとかも使う順番とか気にしないでみーんな適当にしてましたよ。

 

しかもAHGS English Academyは門限もないし食事も全部自己負担だから超自由でした

 

 

ざっとこんな感じでしょうか。

 

 

 

またなんか情報あったら付け加えようかなー。